プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
努力するしか能の無い20代男です。ふつうの農家目指して放棄地再生中。
百姓百品で農産物出荷してます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあっておもしろい

やっと春大根第一弾播種完了。べた掛け+トンネル被覆をやるため時間がかかりました。
今回播いたのは宇治交配の「春雅」とタキイの「三太郎」です。

一口に大根といっても、品種は膨大な数に上ります。人からおすすめを聞いたりもしてますが、やはり自分で作ってみんと分からん、ということで今はピンときた品種をいろいろ試しています。

お次は人参の播種です。
今回はトンネル内のチンゲン菜の間に播くのと、極早生玉ねぎもトンネル被覆するのでその欠株になった部分に播きます。

種まきが終わらないと次の作業に進めない・・・
今月中にはハウス建てたい。

まだまだ栽培技術は手さぐり状態でいろんなことが起きます。

まずトンネルのチンゲン菜に異変が起きました。
一番成長が早い畝の株から脇芽が出てきてます。
調べてみたら、どうやら冬作に限っておこる現象のようで、気温が関わっているらしい。
気温が低いほど脇芽の伸長が進むようで、トウ立ちとは関係がないようです。
とはいえ今からでは対策のしようもないので、品質や収量にどの程度影響があるのか心配です。

あとは化学肥料の効き目にびっくりしてます。
ハウスの小松菜とチンゲン菜ですが、試しに一部に525の化成肥料をまいてから植えてみたところ、たまげるほどに生長が早い。
一日ごとに大きくなるのがわかるぐらいですよ。
この化学肥料区は一番最後に植えつけたのに、収穫は一番早くなりそうです。

寒くて有機肥料はなかなか効かないし、やはり冬は化学肥料使ったほうが良いですね。
年明け後アブラナ科野菜はトウ立ちとの競争にもなるし、成長早い方が良いに決まってる。
まあ有機栽培に変にこだわらず、有機肥料と化学肥料のそれぞれの長所を活かした栽培が出来たら良いと思います。
化学肥料は悪ではないし、有機肥料も良いことばかりではないのは間違いないです。

さて、夜も仕事しなきゃ間に合わんぞー

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 楽しい貧乏暮らしへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://kaisyuudou.blog108.fc2.com/tb.php/223-de544212

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。